【三井住友海上】インタビュー 営業部門・パートタイム

三井住友海上まるわかり!
職場&仕事を紹介します

営業部門

担当先企業や職員の方々の
保険契約の手続きをする部門です。
パートタイムスタッフ社員の方には、
申込書のチェックや
証券発行業務の
事務サポートをお願いします。

私たちが担当するお客さまは、大手IT企業、その従業員のみなさまです。自動車保険、火災保険、傷害保険などの損害保険商品をご提案・ご提供しています。企業契約チーム、従業員契約チーム、事務チームの3つに分かれ、それぞれ正社員が業務を主導しています。パートタイムスタッフ社員が所属するのは事務チームで、申込書などの書類チェックや証券発行業務のサポートが主な仕事です。内勤事務となります。

事務チームのメンバーは20名。その内4名がパートタイム(週4日・10時~16時/土日&平日1日休み)のスタッフ社員です。保険商品の数は多く、それぞれ業務フローが異なるのでパートごとに分かれ、連携しながら進めます。教育担当の先輩と一緒に業務を行いながら覚えていきます。全体の流れが把握できれば、少しずつ作業も早くなっていきます。あせることはありません。また最近ではデジタル化が進められ、紙での処理が少なくなり、業務の軽減が図られています。

パートタイム(週4日・10時~16時/土日&平日1日休み)で働くスタッフ社員を紹介します

事務サポートといっても
単純作業ではない。
そこが自分にとって魅力でした。

<PROFILE>2012年入社
パートタイム(週4日・10時~16時/土日&平日1日休み)

前職も事務の仕事をしていましたが、単なるデータ入力で1日中同じことの繰り返しでした。事務職でも何か変化のある、成長を感じられる仕事を求めていました。保険の仕事は初めてでしたが、選考会で仕事の内容を理解し、自分にもできると思いました。例えば申込書チェックの仕事は、保険代理店から届く書類を仕分け、内容を確認する部署に引き渡します。内容に不備があればその書類を保険代理店にフィードバック。その際の資料も作成します。前職で身に付けたITスキルを活かすことができました。一つの業務の流れの中で、小さい領域から覚えて、広げていく。成長を実感できる、自分に合った仕事だと思いました。

大手企業で働く。その雰囲気も感じたかった。

事務職の中でも仕事に変化があり成長を感じられること。自宅から通いやすいこと。土日が休みで平日にも休みが取れること。そしてできれば大手企業で、その雰囲気も感じたい。そのような希望がありました。三井住友海上は自分の条件にぴったり合っていました。保険の知識はありませんでしたが、それは当たり前のことだと前向きに考え、思い切ってチャレンジしました。

何も知らないからこそ、学ぶ姿勢が大事だと思います。

最初はマニュアルのどこを読んだらいいのか、分からないことをどう調べるかも分からない。そのような状況でした。指導担当の先輩に聞けばすぐに答えてくれますが、受け身ではいけないと思い自分でも調べました。社内システムで検索をしたり、今はチャットで答えてくれるようなAIがあります。自分で動いて身に付けた知識は忘れないものです。業務フローの中で一つの工程が把握できれば、その前後も理解しやすくなります。できる領域が広がっていきます。

パートタイムという働き方に満足を感じています。

パートタイム(週4日・10時~16時/土日&平日1日休み)で余裕ある生活を送っています。働く時間が限られているからこそ、その中では集中しています。毎月作成する資料は決まっています。自分の勤務予定を確認しながら締切スケジュールを設定。効率的に進めています。仕事とプライベート、どちらにも偏ることなく充実させたいと思っています。また仕事を通じ、保険への理解が深まりました。自動車保険や火災保険など、普段の生活にも役に立っています。

上司からメッセージ

それぞれの持ち味が
発揮しやすい職場です。

チームとして最大限のパフォーマンスを生み出すために、誰がどのような役割を持てばいいのか、リーダーを中心に考えています。最初は覚えることが多くありますが、リーダーが責任をもって教えます。人それぞれの能力に合わせて対応業務を設定していきますので、不安なくできると思います。みんなが同じレベルで仕事ができる。そのような体制を目指しています。

求職者へのメッセージ

年齢性別に関係なく、みんなが活き活きと仕事をしています。その理由は密なコミュニケーションです。チームで取り組む仕事だからこそ大切にしたいと考えています。保険業界のことが分からなくても構いません。知識は後々必ず身に付きます。前向きな環境の中で仕事をされたい方、歓迎いたします。